人形の藤娘ホームページを見る

ご質問

ホーム › ご質問

藤娘が選ばれる理由-多くの結納をお手伝いしてきたから。

結納の形式

ご質問 「正式結納」と「略式結納」は何が違うのですか?
解答

●正式結納……両家と仲人が一堂に会して行う結納です。
●略式結納……仲人を立てず、両家だけで行う結納です。現在では最も一般的な結納です。

ご質問 結納品の「関東式」と「関西式」は何が違うのですか?
解答

結納品は大きく、関東式と関西式に区分できます。関東式は全ての結納品を一つの台に載せるのに対し、関西式は一品ずつをそれぞれの台に載せます。また関西式は飾りが華やかなことも特徴です。広島県の場合は関西式の流れをくんでいます。

仲人

ご質問 仲人は立てた方が良いのですか?
解答

必ずしも立てないといけなということではありません。
また仲人を立てる場合「この人にお願いしないといけない」という決まりはなく、二人のことを理解してくれる家庭円満で信頼ができる年上のご夫婦にお願いしましょう。

ご質問 仲人への謝礼は必要ですか?
解答

仲人へは相応の心配りが大切です。ご両家のために動いてくださる労に見合ったお礼を心がけましょう。
お車代やお礼、手土産、酒肴料など。

日取り

ご質問 結納の日柄は重要なのですか?
解答

最近は日柄にこだわらず、家族が集まりやすい日に執り行うことも増えましたが、家族の中には仏滅は避けたいという声もあります。六曜などを参考に、両家の意向を確認して決めることが安心でしょう。

ご質問 結納を挙げる時間は決まっているのですか?
解答

昔から祝い事は午前中に行うことが良いとされています。午前中に結納を行い、その後会食を行います。現在最も多い時間帯は11時から14時ぐらいの間です。

ご質問 結納は結婚式の何カ月前にするのですか?
解答

結婚式の3~6カ月前に執り行う場合が一般的に多いようです。
両家で相談しあって都合の良い日を決めましょう。

場所

ご質問 結納を挙げる場所は女性方の家なのですか?
解答

最近では、もてなしの準備の大変さや、住宅事情により、女性方の家よりも、一堂に会せる場所の利用が多くなっています。参考までに結納が行われる代表的な場所をご紹介します。

  • 料亭・レストラン………予約時に結納であることを伝えましょう。結納に合わせた準備をしてくれます。
  • ホテル・専門式場……施設によっては結納のセットプランがあります。
  • 女性方の家…………結納にふさわし空間づくりや、もてなしの準備に心がけましょう。

結納品

ご質問 結納品は色々な品目がありますが、何を選べばよいのですか?
解答

結納品の品目は地域の慣習によって大きく異なります。また地域によってはそろえる内容も異なってきますので、ご両家の意向を確認して選びましょう。ご不明な場合は、藤娘のフロアスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

ご質問 目録や受書は必要ですか?
解答

結納品目や数量に関係なく、目録は必ずつけましょう。結納品のセットを購入した場合、目録も含まれていますので通常はそれを利用します。なお「確かにお受けしました」とお礼の意味を込めてできるかぎり準備しましょう。

結納当日

ご質問 結納当日の服装は何が良いのですか?
解答

一番大切なことは、当人も両親もバランスを取ることです。予め両家で、どの程度の服装にするかを決めておきましょう。

  • 男性本人:黒のスーツが基本です。略式の場合は落ち着きのあるダーク系のスーツでも大丈夫です。
  • 女性本人:和装(振り袖、訪問着、付下げなど)。洋装の場合は、明るめの色で上品な装いを心掛けましょう。
  • 父親::::::男性本人と同様です。
  • 母親::::::和装(紋付きの色無地、訪問着、付下げ)。洋装の場合は、落ち着きのある色で上品な装いを心掛けましょう。
ご質問 結納品はどのようにして持っていくのですか?
解答

結納品は箱に入っているので、そのまま持って行っても良いように思われがちですが、風呂敷で包んで持っていきましょう。なお「ご縁」がほどけないよう、結ばずに包みましょう。

ご質問 挨拶や口上は、決まった言葉を言わないといけないのですか?
解答

決まった言葉を言う必要はなく、ポイントを押さえる程度で大丈夫です。場合によっては、言いやすい言葉にしたり、進行手順や口上などのメモ書きを見ながら進行しても良いでしょう。

結納後

ご質問 結納後、結納品はどうするのですか?
解答

一般的に結婚式がすむまでは、床の間などに飾ります。また洋室の場合は、飾り棚などの高い所に飾ります。
結婚式後は、羽子板に仕立て直したり、おめでたいときの飾りに用いたり、神社やお寺に納めてお焚き上げをお願いするなど、地域性によって様々です。