人形の藤娘ホームページを見る

結納のお祝いを頂いたら

ホームご紹介一覧 › 結納のお祝いを頂いたら

2015年08月08日 結納情報

お盆になると、“親戚”や“古くからお世話になっている方”とお会いし、ご自宅で結納のお祝いを頂く機会もあるかと思います。頂いた時には、失礼がないように、ぜひお返しをしましょう。

その時のお返しを、「懐紙(かいし)結納」や「夫婦(めおと)結納」と言います。なお地域によっては、
「おため」や「おうつり」とも言います。

懐紙は、懐に入れて携帯する小ぶりの和紙のことです。現代では、和菓子の下に敷き使用される機会が多く見うけられますが、メモ紙や便箋、折れば箸置きや箸袋、ポチ袋などにもなり使い方は多岐にわたります。

懐紙結納は、名前の通り懐紙と金封がセットになっており、金封にはお返しとして現金の一部をそえてお渡しします(地域によっては現金をそえないところもあります)。

なお近年では、懐紙の変わりにスティックシュガーやお茶のパックがセットになった実用的なものもあります。

懐紙結納の詳しい使い方は、藤娘のフロアスタッフまでお気軽にお問い合わせください。