人形の藤娘ホームページを見る

水引

ホームご紹介一覧 › 水引

2013年10月19日 コラム

 結納道具に使われている飾り(松・竹・梅・鶴・亀など)は、水引から作られています。
みなさんの身近なところでは、祝儀袋などの金封に使われている飾り紐も水引です。
 水引は色褪せることがないため、その要素からしても重要な意味をなしています。

水引は、張りがある紐のため、中に針金などが入っているのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は和紙から出来ており、和紙 を“こより”状にした紐で、金銀などの色薄紙で巻かれたりしています。

 なお金封の水引の形状には、それぞれに意味がありますので、予め知っておくと失礼がありません。

花結び

花結び

花結びは、蝶結びの形状で、結びを直すことができることから「繰り返しても良い」という意味があります。お祝い事全般に使われます。

  • ●使用して良い場合:出産、入学、長寿の祝いなど何度あっても良い祝い事、一般贈答
  • ●使用しては良くない場合:婚礼、見舞い、弔事など何度もあってはいけない事
結び切り

結び切り

結びきりは、容易に解けないので「繰り返さない」という意味となり、婚礼や見舞い、弔事に使用します。花結びの逆の意味と覚えておけば便利 でしょう。

  • ●あわじ結び
  • あわじ結び
  • 結びきりの形状が変化したものです。
  • 最近の結び切り
  • 最近の結び切り
  • 最近ではこのような結び切りの形状が変化したものもあります。

金封をご購入の際、お悩みの方はお気軽に店舗スタッフまでお声掛けください。