人形の藤娘ホームページを見る

「婚約指輪」と「結美和(ゆびわ)」

ホームご紹介一覧 › 「婚約指輪」と「結美和(ゆびわ)」

2015年02月12日 結納情報

婚約指輪を贈られた男性の方も多いかと思います。
「婚約指輪を結納に含めても良いのか?」という疑問をもたれる方がいらっしゃいますが、
答えは“大丈夫”です。結納品目には「結美和(ゆびわ)」があります。

では結納品目に「結美和」を設けない場合は、どのように考えれば良いのでしょうか?
結納品に入れる場合、入れない場合でご紹介します。

結納品(目録)に入れる場合

(1)女性がもらった婚約指輪を一旦男性に戻し、男性が改めて結納品(結美和)として贈ります。

(2)婚約指輪は男性に戻さず、女性が婚約指輪をはめて結納を行います。

(3)婚約指輪は結納当日に登場せず、女性が保管しておきます。

結納品(目録)に入れない場合

(4)結納終了後に、二人から婚約指輪の報告と披露を行います。

(5)婚約指輪とは別に、記念品を贈ります。

一般的に、(1)もしくは(4)の場合が多く見受けられます。
婚約指輪を結納品に入れるか、入れないかは、ご本人同士やご家族の意向になりますが、
大切な婚約指輪ですので、結納の時に披露されてはいかがでしょうか?