人形の藤娘ホームページを見る

結納に必要な品

ホーム › 結納に必要な品

日本人の心から生まれた-美しく、尊い願い

関西式(広島県での)一般的な結納品の組み合わせ
関西式(広島県での)一般的な結納品の組み合わせ

結納に必要な品

 結納に必要な品には、結婚する二人の幸せを願い、昔ながらの縁起物であふれています。それぞれに込められた意味を知ることで、結納を結ぶときの思いも、一層感慨深いものになることでしょう。
 なお結納で必要となる品目は、両家が住む地域の慣習や考え方によって異なる場合がありますので、両家や結納品を購入するお店に相談しながら準備すれば安心でしょう。

基本五品目

熨斗(のし) ”あわび”を延ばしたもので「末永く」や「長寿」の願いが込められており、古くから縁起物として用いられています。
寿栄広(すえひろ) 純白の扇、一対のものです。「末広がりに繁栄するように」との願いが込められています。
御帯(おんおび) 御帯料(結納金:金子)のことです。松飾りには「一年中緑を保つ松のように、二人が実り多い人生を送れますように」との願いが込められています。
松魚(かつお) 鰹節や鯛(おさかな料)のことです。梅飾りには「寒い季節に咲く梅のように忍耐強く、力を合わせて花を咲かすように」との願いが込められています。
家内喜多留(やなぎだる) 酒樽(清酒料)のことです。竹飾りには「二人の人生が竹のように曲がることなく、まっすぐ送れますように」との願いが込められています。

組み合わせる品目

高砂(たかさご) 老夫婦の人形のことで「二人の長寿」や「末永く添い遂げられる」願いが込められています。結婚式で謡われる「高砂」はこの高砂伝説の一部です。
友白髪(ともしらが) 白い麻糸のことです。高砂と同じ意味合いがあり、地域によって「友白髪」、または「高砂」を用います。
寿留女(するめ) スルメのことです。長期保存できることから「幾久しく」、また「かめばかむほど味が出る夫婦(お嫁さん)に」などの願いが込められています。
子生婦(こんぶ) 昆布のことです。「よろこぶ」に通じていることから古くからの縁起物とされています。子孫繁栄の象徴です。
八木(はちもく) お米(米料)のことです。主に島根県・鳥取県の慣習で「食べることに困らないように」との願いが込められています。
宝船(たからぶね) 水引細工の宝舟で、二人の門出を祝うものです。

必要書類

目録 結納品の品目や数を記したもので、箇条書きにして、結納品とともに渡すものです。
受書 目録通りに結納品を受け取りましたという証に渡すものです。

※筆耕も承っています